日本料理 瑞

ずずずい~っと、ひとりごと

夫婦げんかの後に母ちゃんにめしつくれんよな~つくるけど

食材を探しに行ったり選んだりしてあっちこっちから集めてくるんです
朝早くに起きてね。
めったに人の作った料理は食べないのですが、食べる機会があれば必ず 美味しかった ありがとう そこに笑顔を添えます
 美味しいとこに行けば簡単ですが これはひどい・・・っというとこでも必ずやります

この間高野豆腐を焚いたんです、息子に、この高野豆腐うまいなあ~って言ってくれるお客さんいたら泣くよなあ~っと話していたのですが
うちの店はご夫婦のお客様がとても多くて
何というか皆さん素敵です 相手のことを尊重する、そういう方たちばかりですから店の料理もほめてくださいますし、色々な事を学ばせてくれます 有難いです。
昔 鉄人の陳さんがインスタントラーメンで一番腕を試せるのが塩ラーメンで作り甲斐があるとおっしゃっていました
ちょっと違いますが高野豆腐の含め煮 これも箱の裏に書いてある作り方でもいいのですが、今までの知恵と経験とテクニックを注いで注いで注ぎまくって作ります
息子に この阪神間でここまで上手に高野を焚けるやついないよ!っと むっちゃ自慢
素朴で馬鹿にされやすい素材 人も こういう人が頑張らないといけない
 知っているすべてを注いであくまで普通に普通に作ります
相手を尊重できる人ってこういうお料理を食べると美味しいな~って分るんでしょうね 感性が抜群で素晴らしい
ずっと長い間通ってくださっているご夫婦、『うまいなあ~』と言ってくださいました
息子に なっ こういう方でないと分らないよこれはもうハイレベルすぎるっと

・・・・・雨後の月

ずいのひとりごと >  日本料理 瑞  > (ずい)のひとりごと
  • (ずい)のひとりごと.